Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

トラブル

Amazonアカウントの乗っ取り詐欺とは!対策と予防方法を徹底的に解説

Amazonのアカウント乗っ取りはLINEやTwitterなどSNSなんか乗っ取りとは訳が違います。

実際にお金のやり取り、商取引が出来てしまうアカウントです。

これが乗っ取られるというのは莫大な被害が出る。

 

 

 

どうも~先日、Amazonのアカウント乗っ取り詐欺というニュースを見て

Amazonでアフィリエイトしている@kesuikemayakuは憤慨しています。

僕自身、中古本の転売、いわゆる「せどり」をAmazonマーケットプレイスでやった事があります。

 

 

あれは驚くくらい簡単に出品できるので誰でもできますよ。

稼ぐのは研究が必要ですけど・・・

 

 

なのでAmazonのアカウントが乗っ取られて知らない商品が激安で出品されているという情報は戦慄しますね。

購入者の個人情報を手に入れたり架空の商品に釣られて値段を下げた商品を買い込んだりできます。

単純に売上金を盗む事も可能です。

 

Amazon乗っ取り詐欺の手口

これは二つのパターンがあって

 

  1. あなたのクレジットカード情報で買い物するパターン
  2. 銀行口座を書き換えて架空の商品を出品するパターン

1、の場合はクレジットカード情報が使われて勝手に買い物されてしまいます。

高級ブランドのバッグとか高額商品を買って転売をするのかもしれません。

まあ、これはクレジットカード会社に連絡すればなんとかなると思います。

 

 

もう一つの方は被害者が雪だるま式に増えていきます。

というのも

  1. あなたの登録情報の銀行口座だけを書き換える
  2. Amazonに架空の商品を出品
  3. ユーザーが購入手続き(銀行振込、クレジットカードなど)をする。
  4. 品物は購入者に届かず、苦情があなたに来る。

品物をとにかくたくさん出してくるので購入手続きをしてしまう人がドンドン増えていってしまう。

こうなるとAmazonのアカウントを乗っ取られた人が恨まれる。

 

 

事態の収拾させるのに時間もかかるし手間も多い、更に放っておくと訴えられるかもしれません。

こういう事態を避けるための方法を紹介しましょう。

スポンサーリンク

 

 

Amazonアカウント乗っ取りを予防する方法。

  1. Amazon専用のメールアドレスを作る。
  2. Amazonのログインはブラウザから(メールからログインしない)
  3. 2段階認証を使う

Amazon専用のメールアドレスを作る

Amazonのメールだけが届くようにする。

つまり新しくメールアドレスを作ってそのメールアドレスをAmazonに登録する。

メールアドレスってあちこちで使いまわすと情報流出してしまう。

 

 

メルマガに登録したりしてると情報流出のリスクは高くなる。

Amazon専用とか通販サイト専用なら変な業者にメールアドレスが渡るリスクは少ない

 

 

もし仮にアカウントが乗っ取られても異常をいち早く察知できる。

いろんなメールが届くメールアドレスでは異常を知らせるメールが目に止まらない可能性もある。

そうなると大きな問題になってから気が付く事になるのでとても大変。

 

Amazonのログインはブラウザから(メールからログインしない)

AmazonのIDやパスワードが盗まれる原因はフィッシング詐欺(偽サイトからログイン)

  1. 偽メールが届く
  2. 偽メールのリンクから偽Amazonのサイトにアクセス。
  3. 偽サイトのログイン画面からログイン情報を入力してしまう。
  4. ログインしようとするとエラーが表示されて本物のAmazonに転送される。

こんな感じです、Amazonがハッキングを受けたとかではなく偽メールに引っかかってしまったのが原因。

なので

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

あなたのアカウントは深刻なトラブルが発生しました今すぐログインして問題を解決しましょう

 

⇒http○○○~

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

こんな感じでメールが届きますが基本的にメールからはアクセスしないようにしましょう。

@kesuikemayakuくらい上級者になれば一目で詐欺メールだと分かりますが区別がつかない

調べ方が分からないという人はメールからAmazonにアクセスするのは避けましょう。

 

 

別にメールからアクセスしなくても普通にブラウザからログインしても結果は同じです。

本物のAmazonのメールならどっちからログインしても同じなので問題ありません。

 

2段階認証を使う

ID、パスワードの他にセキュリティコードを打ち込まなきゃいけない設定。

セキュリティコードを送信する端末を選べるので安心。

メールアドレスの他に専用アプリがある。

 

認証アプリはGoogle Authenticatorというアプリですね。

これを使えばIDとパスワードがバレてもセキュリティコードが手に入らないから乗っ取られないというわけです。

 

 

まあ、面倒な操作が一個増えるのでめんどくさがりには不向きなシステム。

 

 

スポンサーリンク

 

 

Amazonアカウントが乗っ取られた時の対策

予防できずAmazonのアカウントが乗っ取られてしまったら

最悪、ログインする事もできなくなってしまいます。

そうなったらAmazonに問い合わせてアカウントを停止してもらうしかない。

 

 

ただ、今の所乗っ取られたと言われている人たちは普通にログインは出来ているみたいなのでここでは

ログインできると思って対策します。

 

  • Amazonに問い合わせる
  • パスワードを変更する。
  • Amazonセラーセントラルから商品を削除
  • 警察に連絡

 

Amazonに問い合わせる

Amazonにまずは連絡です。

アカウントが乗っ取られた旨をきちんと報告し、購入者に対する対応をお願いします。

 

更にパスワードを変更する事も伝えた方がいいですね。

Amazonの運営に連絡したからと言ってすぐに対応してくれるわけではありません。

というのもAmazonは大企業だしたくさんの人が被害にあっている場合、一人一人への対応は遅くなる。

 

あくまでも購入者への説明をしてもらうために連絡する感じです。

アリバイ作りとも言います。

 

Amazonに連絡しといた方が後々のケアが楽になるのは確か。

 

パスワードを変更

アカウント停止でもいいのですがアカウント停止も時間がかかる

それまで詐欺師どもがやりたい放題って状態になるのは困る。

なのでまずはパスワードを変更してログインできない状態にしましょう。

 

 

そうすればあなただけが操作できる状態に戻ります。

パスワードはなるべく複雑なものがいいですね。

もちろん、メモはしっかりしましょう。

 

 

Amazonセラーセントラルの在庫を一括削除

Amazonセラーセントラルから商品を一括削除します。

これは在庫から選んだ商品を全て削除できるので全部削除しましょう。

そうすれば被害が拡大する事はありません。

 

 

商品が削除し終わったらアカウント停止するもよし

メールアドレスや銀行口座を変更してリセットするもよしです。

 

警察に連絡

これもアリバイ作りと言えますが

実際に買い物をしている人がいるならそれは詐欺事件です。

必ず警察に連絡しましょう。

 

 

警察にはサイバー犯罪相談窓口というのがあります。

そこで一応、相談した方がいいです。

ここで相談したという結果が残っていると警察も大きなトラブルになった時に動きやすいからです。

 

 

それに犯人逮捕のために情報提供も必要です。

書き換えられた銀行口座などは必ずメモっておいて伝えましょう。

 

まとめ

Amazonのアカウントが乗っ取られないためには

  • Amazon専用のメールアドレスを作る
  • メールからAmazonにアクセスしない

乗っ取られてしまったら?

  • Amazon運営に連絡
  • パスワード変更
  • 商品削除
  • 商取引が行われている場合は警察に通報
  • 最後にメールアドレスと銀行口座を変更orアカウント停止

 

ここまでやらないと解決しないと思います。

もちろん、アカウントを停止すればいいんですけど。

アカウントが完全に停止されるまで被害は出続けるから苦情の電話が来りするだろうし

 

住所も分かるからGoogleアースを使えば簡単に住所が特定できる。

こういった二次被害を避けるために迅速な対応が求められると思います。

僕がアカウントを乗っ取られたこんな感じで行動しますという一例でした。

ではでは(^ω^)ノシ

スポンサーリンク

 

ブログ検索

ブログ検索

スポンサーリンク

-トラブル
-, , , , ,