いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

トリビアとノウハウノート

トップページ

健康を保つには

タバコやめるメリットを徹底解説! 肌のハリツヤがやばい!ご飯が美味しくなる?

更新日:

禁煙のメリットについて書いていこうと思います。

タバコを止めることで体にどんな変化があるのか?

メリットはあるのか?たばこを吸い続けるとどうなるのか?

 

 

などなど、禁煙のメリットについて徹底的に解説していきます。

どうも~たばこはヘビースモーカーだった親父の影響で全く吸わない@kesuikemayakuです。

たばこの何がいいのかよくわからないってのもありますし1本タバコを吸ったけど喫煙者にならなかった弟はこう言ってました。

 

 

弟「飯が不味くなるから二度と吸わない」だそうです。

実際タバコを吸うと味覚とか嗅覚が鈍くなるみたいです。

食べるのが大好きな僕としてはそっちのデメリットが怖すぎるし世間の流れをみても吸わなくてもいいかな~

 

 

みたいな感じです。

今回は喫煙者の方がこの記事を読んでいると思いますが書いてる人はタバコを吸った事がないのでその辺はご了承ください。

 

 

禁煙のメリット一覧

  1. 味覚・嗅覚の復活(ご飯が美味しくなる)
  2. 肺の機能低下が緩やかになる。
  3. 咳・息切れの改善
  4. 寝起きが良くなった
  5. 口臭が減った。
  6. 部屋がきれいになった
  7. 歯の黄ばみがなくなった。
  8. 洋服に臭いがつかなくなった。
  9. 小銭が貯まるようになった
  10. 行動範囲が広くなった。
  11. 顔色が良くなった
  12. 五感が鋭くなった。
  13. 髪にはりが出ててきた。
  14. こそこそしながらタバコを吸わなくていい
  15. 仕事に集中できるようになった。
  16. 喫煙所を探す必要がなくなった。
  17. ガンになる確率が減った。
  18. 火事のリスクが減った。
  19. 健康を意識するようになった。
  20. 吸殻の誤飲がなくなった
  21. たばこを客観的に見れるようになった
  22. 爪がきれいになった。
  23. 肌がきれいになった。
  24. ライターを探さなくなった
  25. 煙で嫌な顔される事がなくなった。
  26. 健康診断が怖くなくなる
  27. 空気が新鮮だと感じるようになる
  28. 歩くのが早くなった。
  29. 一日が長くなった。
  30. 人に優しくなった。
  31. 新しい自分に生まれ変わった。

 

 

 

味覚・嗅覚の復活(ご飯が美味しくなる)

味覚や嗅覚はたばこを止めて3日くらいでニコチンが体から抜ける。

ニコチンは血管を収縮させてしまうので胃や小腸、十二指腸、それぞれの括約筋が緩んでしまう。

つまり、胃腸の働きが悪くなってしまう。

 

ニコチンには血糖値を上げる働きがあって満腹感を感じにくくなります。

そしてタールの臭いは鼻の粘膜に付着すると食べ物の臭いが分からなくなってしまう。

舌にある味を感じる器官である味蕾(みらい)にタールが詰まり機能低下を起こす。

つまり

  • 消化不良が良くなり胃もたれしなくなった。
  • 食事以外で血糖値が上がらなくなって本来の満腹感を得る事ができる。
  • 嗅覚や味覚が回復して鋭くなったから食べ物の味が良く分かるようになった。

ニコチンやタールのせいで鈍くなっていた機能が回復した結果ご飯が美味しくなる。

ご飯が美味しくなったせいで太ったなんて言う人もいるらしいです。

 

肺の機能低下が緩やかになる。

人間の肺というのは20歳を過ぎると衰えてきます。

たばこを吸うとその機能低下がひどくなります。

例えば20歳から毎日1日20本吸っていると

 

 

65歳くらいで生活に支障がでるくらい肺が弱ってしまうそうです。

ただ、禁煙をすると肺の機能低下も緩やかになる。

ニコチンとかタールが肺に入らないだけでだいぶ違う。

 

 

咳・息切れの改善

たばこを吸うと肺の正常な細胞が壊されてしまい

肺に炎症が広がって呼吸をするのが難しくなってしまうCOPDという病気になってしまう。

たばこを吸うのを止めると肺の炎症も徐々に治っていくので咳や息切れが改善される。

 

ついでに

COPDの症状は

  1. 日常生活、例えば洋服に着替えるだけでも息切れする。
  2. ゼーゼー、ヒューヒューといった喘鳴(ぜいめい)が呼吸音と一緒に聞こえてくる。
  3. 肺が締め付けれる感覚があったり圧迫感を感じる
  4. タンがつまった感じになり咳き込むようになる。
  5. 濁ったタンや血が混じったタンを出すようになる。
  6. ものすごい疲労感、脱力感に襲われる事がある
  7. 風邪やインフルエンザになりやすく治るのに時間がかかる、その間、咳が止まらなくて眠れない

末期になるとまともに呼吸できなくなるそうです。

禁煙をすれば肺の炎症もなくなって咳や息切れしにくくなる。

 

寝起きが良くなった

たばこはある種のドーピングとして使われている側面もあって

交感神経を刺激してストレスを与える事でアドレナリンを分泌していました。

禁煙する事でたばこで睡眠の質が下がってしまっていたのが改善されて良く眠れるようになり寝起きが良くなる。

 

逆に寝起きが悪くなったという人は自分が思っている以上に疲れています。

もう、朝一にたばこでアドレナリンを分泌させないやってられないくらい疲労している状態だったわけです。

自律神経も乱れまくりだと思うのでこの際きっちり休養を取りましょう。

 

口臭が減った。

体の中にある有害物質が抜けるのとたばこの煙、あの臭いが口臭になっていた。

たばこの臭いがなくなるから口臭が減ったというわけです。

口臭がきつい男性とキスしたいと思わないのが女性です。

 

もしかしたら口臭のせいでキスを断られていたかもしれませんよ?

 

部屋がきれいになった

部屋にたばこの煙が充満するとタールが部屋を汚してしまう。

たばこを止めればタールで部屋が汚染される事もなくなります。

たばこのヤニが部屋を黄ばませていましたが禁煙して部屋を掃除していけばきっときれいな部屋に戻ります。

 

 

歯の黄ばみがなくなった。

たばこのヤニで汚れていた歯も毎日の歯磨きできれいになります。

たばこのヤニってなかなか取れないからたばこ吸いながら黄ばみを取るのは不可能。

 

 

洋服に臭いがつかなくなった。

たばこの煙が洋服につかなくなります。

自分の服はもちろん、副流煙を浴びていた家族の服にも臭いがつかなくなります。

 

 

小銭が貯まるようになった

たばこってちょこちょこ買いに行くものだから結構、お金がかかる。

禁煙するとたばこ代になっていたお金を貯金できるようになる。

コンビニでたばこを買う時についつい無駄遣いをしてしまうという事もなくなります。

 

 

行動範囲が広くなった。

小銭が貯まるくらいの余裕ができる事で遠くに行けるようになるし

息切れしなくなるから長時間の運動もできるようになります。

つまり、金銭的にも体力的にも移動する事が苦じゃなくなる。

 

 

顔色が良くなった

たばこで血管が収縮してたのが治るから顔色も良くなる。

タバコを吸っている人はスモーカーフェイス(たばこ顔)と呼ばれるくらい特徴的な顔をしている。
タバコ顔は顔全体が目立ち、顔色も悪く、目も黒ずんで細く見え不健康そうに見えます。

 

 

なぜなら、喫煙をすることで血管は収縮し、一酸化酸素による影響で、肌細胞に必要な分の酸素が行き届かなくなり、

それが原因で肌の新陳代謝は低下し、肌に必要なうるおいやハリ、また透明感が低下しまうのです。

 

 

五感が鋭くなった。

たばこは加齢性南朝の原因になったり加齢黄斑変性の原因になったりします。

鼻と耳は繋がっているから聴覚にも影響がでるみたいです。

一酸化炭素などの有害物質が抜けて触覚も鋭敏になります。

 

つまり視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚が鋭くなります。

 

 

髪にはりが出ててきた。

たばこを1本吸う事で髪に必要なビタミンCが25mgも奪われてしまい

更に血流も悪くなるので喫煙は薄毛の原因になる。

 

禁煙すると髪に栄養が行き届きやすくなり髪にハリがでる。

 

 

 

こそこそしながらタバコを吸わなくていい

昨今の風潮じゃ喫煙者の肩身は狭い、たばこを吸う時はこそこそと喫煙所に行ったり

部屋から出てベランダで一服するホタル族(死語)なんて言われる人たちもいます。

タバコを吸わなくなったからそういう事に気を使わなくていい。

 

仕事に集中できるようになった。

タバコを吸うと集中力が上がると言われていますがそれはある意味間違いです。

脳内ではさまざまな神経伝達物質が働いていますが、その中にアセチルコリンという物質があります。

アセチルコリンは前頭葉の大脳皮質で働き、活発になると集中力を高める効果があります。

そして、たばこを吸うとニコチンがアセチルコリンの受容体と結びつき、集中力が増すというわけです。

 

 

ここだけ聞くとタバコは集中力がアップすると思われがちですがタバコを吸う事でアセチルコリンの受容体をたくさん脳が作ってしまい

受容体が余ってしまう、タバコのニコチンが切れた時にアセチルコリンと受容体が結びつきにくくなり

ぼ~っとしてしまうというわけです。

 

禁煙をするとアセチルコリンと受容体の数が正常に戻るので集中力が上がる。

集中力が上がるというよりは集中力が戻ったという感じですね。

喫煙所を探す必要がなくなった。

街中で喫煙所を探すのは意外と手間でした。

でも歩きタバコなんて以ての外、田舎だったら歩きタバコも許されるかもしれないけど

東京などの大都市ではまず許されない。

 

なので必死になって・・・というのは言いすぎかでも何となく喫煙所の場所をチェックしていたりします。

それがない、喫煙所を探す時間とか一服する時間が節約できます。

 

 

ガンになる確率が減った。

タバコを吸っていると咽頭がんや肺がんなどのリスクが高まります。

タールを摂取する事でがんになる可能性がグンっと上がる。

将来ガンになる確率が減るのはいいですね。

 

 

火事のリスクが減った。

たばこの不始末による火事というのもたま~にニュースになります。

たばこの火はちゃんと消しておかないと火事になってしまいます。

人によっては

 

「俺、さっき吸ったタバコ、ちゃんと火を消したか?」ともんもんとしてしまう事がなくなります。

他にも寝タバコのような危険な事もしなくなるので火事のリスクは減ります。

 

 

健康を意識するようになった。

タバコを吸ってた時と禁煙を始めて1年以上経てば体調が段違いです。

こうなると健康でいる事の大切さが分かるようになるので健康に気を遣うようになります。

 

 

 

吸殻の誤飲がなくなった

よく缶コーヒの空き缶だったりまだ中身の入った缶コーヒーを灰皿代わりにしてしまう事ってありますよね?

別に缶ジュースとか缶コーヒーを灰皿にするのは構わないけど間違えてその中身を誤飲してしまう可能性もあります。

夜中に寝ぼけて飲んでしまう可能性だって無きにしも非ず

 

 

そういう危険な行為をする事がなくなります。

 

 

たばこを客観的に見れるようになった

タバコに関して議論する時、喫煙者と非喫煙者で過激な事を言うというか

極端な意見というのが横行したりします。

しかし、タバコを禁煙した人は喫煙者の気持ちも分かるし非喫煙者の気持ちも分かる。

 

だから客観的というかバランス感覚がある発言ができたりします。

 

爪がきれいになった。

タバコのヤニが爪や手につかないので爪がきれいになる。

ヤニで黄ばんだ手というのはかなり汚い印象だし

お孫さんがいるような人は赤ちゃんを抱っこするのもためらってしまうかもしれません。

 

肌がきれいになる

タバコを吸っているとビタミンCも大量に消費され、コラーゲン生成のサポートがうまくいかず、これによってハリやキメが足りなくなったりします。

それに、ビタミンC不足はメラニンの生成を促すので、シミもできやすくなります。

禁煙すると有害物質が体から抜けていくから肌がきれいになります。

 

ただし、すぐにきれいになるわけではなく5年~10年かかるかもしれません。

一つ言えるのはタバコは老化促進剤です。

タバコを吸う人と吸わない人で肌の衰えは確実に変わります。

 

他にも

ライターを探さなくなった

煙で嫌な顔される事がなくなった。

健康診断が怖くなくなる

空気が新鮮だと感じるようになる

歩くのが早くなった。

一日が長くなった。

人に優しくなった。

新しい自分に生まれ変わった。

 

まとめ

禁煙する事で健康面のメリットだけではなく時間的なメリットであったり

経済的なメリットが生まれるみたいです。

タバコを止めた事で新しくできる事があるかもしれませんね

 

 

タバコは百害あって一利なしです。

禁煙を成功させましょう!

ではでは(^ω^)ノシ

スポンサーリンク

 

-健康を保つには
-, , ,

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

by