デキる部下の作り方

もしあなたが、

・自分の頭で考えない指示待ちの部下にウンザリしている。
・部下のポカミスの連続に頭を抱えている。
・教えても教えても、部下は全然仕事を覚えてくれない。
・部下の尻ぬぐいで自分ばかりが忙しい。
・そして、そんなリーダーシップのない自分に悩んでいる。

なんてことを考えたことがあるなら

この本
「リーダーシップ・エッセンシャル」
が役に立つかもしれません。

実のところ、部下の仕事ぶりに嘆きつつも、
その原因が自分のリーダーシップにあるのでは?
と悩んでいる人は少なくありません。

しかし、それは違います。

そもそも、リーダーシップは
社長やマネージャーだけに求められる
といった類のものではありません。

リーダーシップは本来
すべての社員が発揮すべきものであり、
地位、役職、肩書きなどとは関係がないからです。

では、一体どうすればいいのか?

それが、この本のテーマです。

ほとんどの人は
社員や部下の行動を変えようと
「こうしろ、ああしろ」と
直接的に彼らに働きかけようとします。

が、この本の著者のコヴィー博士によると
これが大きな間違いで

そもそも、誰も直接的に
他人の考えや行動を改めることはできず、
自分自身の考えや行動しか変えられないのです。

にもかかわらず、ほとんどの人は
いきなり周りの人を動かそうと
直接働きかけてしまうから上手くいかないのです。

実は部下をデキる部下に変える鍵は
「セルフ・リーダーシップ」
という概念にありました。

あの「7つの習慣」を書いた
コヴィー博士の集大成です。

非常にオススメの一冊なので
是非チェックしてみてください。


http://123direct.info/tracking/af/589140/YwXFhmpU/