アフィリエイトリンク

冷え性対策は万全?

 

冬になると手足が冷えるそんな時どんな事に気をつければいいの?

 

食事編

 

 食事も出来るだけ体を冷やさない
体を温める事を中心に考えます

調理法によっても違いますが

食材にも体を温める食べ物と
冷やす食べ物があります

また食習慣によっても冷える体が出来上がってしまいますから
注意が必要です。

 

 冷え性対策には体を冷やす食べ物をやめて、体を温めてくれる(陽性)食品を中心に採っていくことが大切です。

陽性の食品の中でも、土のなかにできる人参・大根・ごぼう・蓮根などの根菜類とじゃがいもなどのいも類は、陽性のエネルギーの強い食べ物です。

また、根菜類にはいい血液をつくるもとがたくさん入っていて、食べると足腰が丈夫になるとも言われています。

足腰がだるい、疲れがとれないなどの冷え性さんには、体を温めてくれ足腰が丈夫になる根菜類が欠かせません。
そばの実には、高血圧の治療にも使われるルチンが含まれており、毛細血管の働きを強化させ、脳出血を予防したり血圧を下げる効果があると言われています。

(注)そばアレルギー体質の方は、お召し上がりにならないようお願いします。

 

 

←生姜もオススメです。薬剤師が開発したポカポカ<生姜発酵ドリンク>
香りと辛みの成分が体を温め、かぜに効く
殺菌パワーをもつジンゲロンと 抗酸化物質ショウガオール 栄養成分は少なくても、有効成分は豊富。抗酸化作用がある香り成分ショウガオール強い殺菌作用がある辛み成分ジンゲロンが、生薬として効き目を発揮します。

脇役には欠かせない存在生ものの臭み消しにも活躍
一度に多くは食べられませんが、薬味や煮込みなど頻繁に使いましょう。

また、肉類と料理すれば肉がやわらかくなり、脂肪の消化を助けてくれます。

体を温めるジンゲロンはかぜや冷え、生理痛にも効果的
辛味成分ジンゲロンには体を温め、血行をよくする効果があります。

そのため、かぜのひきはじめや冷え性、冷え性が原因のほうこう炎や生理痛積和に有効とされています。

 

 冷え性対策、体を暖める食材と生姜ドリンクを飲めば完璧ですね。

 

ではでは(^。^)ノシ 

 

 


-アフィリエイトリンク