ビジネス マインド

金持ちと貧乏、その違いはどこからでるのか?

 

 

こんばんは

 

小山佳祐です。

 

お金持ちと貧乏人の違いはずばり

 

行動力です。

 

簡単に言うと仕事のスピードです。

 

はっきり言ってお金持ちと貧乏人は仕事のスピードで

 

3倍は違うと思います。

 

 

お金持ちと貧乏人の違いは

 

スピードです

 

貧乏人が10日で終わらせるなら

 

お金持ちは5日で終わらせます。

 

仕事自体のスピードもさることながら

 

効率良く仕事をしていきます

 

簡単な仕事はまとめてやったり

 

難しい仕事は頭の回転が早い朝に終わらせたり

 

仕事を効率良くスピーディに終わらせることが

 

お金持ちのやり方です

 

もう一つ特徴があります

 

貧乏人は掛け捨てで仕事をしますが

 

お金持ちは積み上げ型の仕事をします

 

常に次の仕事につながるように仕事をするので

 

お金がより多く稼げるのです

 

逆に貧乏人は

 

掛け捨て型の仕事なので

 

常に0から仕事を始めます

 

お金持ちが使えるものを集めて20から始めるのに対して

 

0から始める

 

これではスピードが変わるのは必然ですね

 

・スピード

・積み上げ型の仕事

 

さらにお金持ちは自動化

 

仕組化が上手いんです

 

貧乏人が毎回手動でやるのに対して

 

お金持ちは2回目、3回目からは

 

自動化させます

 

自分ではなく他人または機械

 

もしくはプログラムに任せてしまいます。

 

貧乏人が手動でやるところを

 

お金持ちはボタンを押すだけで済ませてしまう

 

これは大きな違いです。

 

この違いでお金持ちは

 

貧乏人が1つの仕事を終わらせる時には

 

2つ~3つと仕事を終わらせていきます。

仕事を代行してお金を稼ぐ装置のことを

 

資産と言います

 

資産を多く持つことで

 

お金持ちはよりお金持ちになるのです

 

これが勝ち組と負け組の格差

 

お金持ちと貧乏人の違いです。

 

では貧乏人はどうしたらお金持ちになれるのでしょうか?

 

それには意識して

 

ライスワークと

 

ライフワークをすることです

 

ライスワークこれはご飯を食べるために働く

 

ライフワークこれは将来のために働くことです

 

ほとんどの人がライスワークに時間を盗られて

ライフワークに手をつけられません

 

ライフワークをするためには

 

会社のやアルバイトなどの仕事は早めに切り上げ

 

その後の時間をライフワークにあてることです

 

ライフワークができない大きな理由は

 

残業にあります

 

貧乏人はお金を稼ぐために

 

自分の時間を切り売りしないとお金を稼げません

 

しかしライフワークをしてお金を勝手に生み出す

 

資産を作らなければ

 

一生、時間を切り売りしないといけません

それでは自分がやりたいことができないと思いませんか?

 

だからこそ

 

貧乏人はライフワークをするべきです

 

時間を売るのではなく

 

時間を買うという意識で日々をすごしましょう

 

貧乏人を抜け出すために必要な資産とは一体なにか

 

それはブログであったり

 

サイトであったり

 

TwitterであったりFacebookであったり

 

ネットワークビジネスであったりします

 

資産を作ることでお金持ちになりましょう

 

ここで言う資産とは

 

株やFXではないですよ

 

株やFXは

 

お金自体の価値が変動しているだけなので

 

本当の資産とは

お金を生み出すものですよ。

 

 

メルマガ登録ページ
メールアドレス*

ではでは(^。^)ノシ


-ビジネス, マインド
-,