ビジネス

稼げるを実現する。インターネット技術① せどり

 

 

小山佳祐です。

 

稼げる技術を紹介します。

 

今回はせどりについて紹介します。

 

簡単に言うと

 

中古の本、CD、DVDを安く買って

Amazonとかヤフオクで高く売る

 

当たり前のことですが儲かります。

 

このせどりは昔からあってWikiによると

 

せどり(競取り、糶取り、背取り)とは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。

また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』を指すが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を転売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。

 

商売の基本ですね。

 

しかし一般的ではなかった

 

何故か

 

 

どこで売ればいいのか

 

売れる商品がなかった

 

これが大きいです。

 

それを解決したのがインターネットです。

 

インターネットで売れる商品をリサーチして

Amazonやヤフオクに出品する。

 

稼げるようになるには

 

リサーチ力

 

出品メディア

 

これを気をつければ稼げるようになります。

 

また売れる商品をリサーチする

 

プログラムを組んでツール化したものも売っています。

 

想像してください

 

ブックオフに行って立ち読みするついでに

 

仕入れる

 

ネットサーフィンのついでに仕入れる。

 

遊びに行ったついでに仕入れる。

 

せどりというジャンルは

 

勉強すればするほど稼げるようになります。

 

せどりの大きなメリットは

 

すぐにお金が振り込まれることです。

 

利益が出る、すぐ振り込まれる。

 

稼いだ利益で仕入れをしてまた利益が出る

 

このサイクルがぐるぐる回していきます。

 

自分の夢のためにお金を貯めたい方や

 

時間をかけずに副業をしたいサラリーマンに

 

ピッタリです。

 

しかしせどりでもいろんなやり方があります

 

ケイスケがオススメするのは

 

ビームせどりです。

 

ビームせどりは本やCDについてるバーコードを

 

バーコードリーダーで読み取って

 

専用のツールで利益がでるかを調べるやり方です

 

このやり方なら

 

目利きがいりません

 

そして数をこなせます。

 

いちいちインターネットで利益をでるかを調べるのは

 

時間がかかりますが

 

ビームせどりは一回に100個以上の商品を調べることができます。

 

せどりは利益のでる商品を

 

数多く仕入れることが重要です。

 

数が多ければそれだけ稼げます。

 

稼げるようになるネット技術

 

せどりについてお話しました

 

ではでは(^。^)ノシ


-ビジネス
-,