サッカー 病気

グレーフェ徴候(バセドウ病)の特徴 あの本田圭佑選手もグレーフェ徴候?

 

おはようございます。

 

小山佳祐です

 

グレーフェ徴候って言う病気があるそうです。

多分世間で話題になったのはサッカー選手の本田圭佑選手がグレーフェ徴候になったことで有名になった病気だ

甲状腺ホルモンが過剰に作られる病気、甲状腺機能亢進症を起こす代表的な病気なんだって。

 

 

ストレスとか過労とかが原因で甲状腺ホルモンが過剰に分泌されて

甲状腺腫大、眼球突出、頻脈の症状があるんだって

 

 

2013年6月4日のオーストラリア戦で本田圭佑選手の異常に気がついた人たちは

 

Twitterでこうツイートしている

 

あれ?本田選手、目おかしくない?

 

グレーフェ徴候(バセドウ病)は遠目からみてもわかるくらいに

目が飛び出るようだ。

 

 

 

マンガの表現で目が飛び出す描写があるけど

実際にみると何だかな~と思う。

 

 

この病気めったにかかる病気じゃないので安心してほしい

 

グレーフェ徴候(バセドウ病)になる比率は男性1人に対して女性4人ほど。

 

世間では本田圭佑選手が病気になった原因はレーシック手術が原因では?

なんてデマがあるらしいけど

 

 

グレーフェ徴候は過度なストレス・過労、遺伝的なものによって甲状腺ホルモンが過剰に生産されているのが原因

女性が発症したばあい、更年期障害と間違われるので注意が必要なんだって

 

 

本田圭佑選手の場合は過労とストレスが原因じゃないかな~

 

本田圭佑選手、チームの要として頑張ってるし。

 

ちゃんと治るといいよね

 

 

外見的特徴として目が飛び出すのがグレーフェ徴候だけど

頻脈の方が怖いって印象、心拍数が常に高い状態じゃ

 

 

 

サッカーなんてできないし

 

もしかしたら2013年6月4日のオーストラリア戦も無理をしていたのではないかな~

普段の生活も相当苦労しそうだな。

 

 

考えれば分かると思うけど

普通に歩いてるだけで

 

 

 

100メートル走を全力走った時と同じ心拍数だったら

 

相当きついぜ

 

このグレーフェ徴候は別に不治の病ではないから治療すれば治る。

薬の治療と手術で治るらしい

 

 

どちらも時間がかかるから本田圭佑選手は早く治療しないと

W杯に間に合わないんじゃないかな~

 

 

 

W杯までに間に合うといいね

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


-サッカー, 病気