news 病気

視力回復コンタクトレンズ『オルソケラトロジー』を他の視力回復法と比べてみた

こんばんは

 

小山佳祐です。

視力回復コンタクトレンズ『オルソケラトロジー』が気になったので調べてみました。

まずはメリット

 

手術しなくていい

 

 

夜寝るときにつけるだけ!

 

超お手軽な方法です。

 

レーシックとは違い体の負担が少ないのが大きなメリットですね

 

視力回復コンタクトレンズ『オルソケラトロジー』のデメリット・・・・

ざっくり調べたけど特に見当たらない

 

強いて言えば寝るときハードコンタクトつけて大丈夫なのか?

ってところだけど医者が検査したあとだしな~

 

 

じゃあ一体どうやって視力が回復するのか?

オルソケラトロジーには表面に凹みがあって

それを眼球にあてることで

 

 

 

目の形を本来の形に戻す効果があります。

 

 

目の角膜をレーザー光線で整えるのがレーシック。

目の機能をトレーニングで整えるのが視力回復トレーニングですね

 

レーシックは

即効性があるが手術後の麻酔が切れた時に痛みが出る場合がある

値段は7.5万円前後くらいですかね。

 

 

視力回復トレーニングは

メリットはとにかく手軽で費用もかからない

何より痛みはない

ただし長い期間トレーニングしないと効果がでない

これは筋力トレーニングなんかと一緒

 

 

 

 それに比べて視力回復コンタクトレンズ『オルソケラトロジー』はその両方のメリットを持っています

手術なし!

即効性あり

 

 

ただし!

 

値段は高いみたいです。

 

調べたら18万円でした!

 

どういう人に視力回復コンタクトレンズ『オルソケラトロジー』が適しているかは

南青山アイクリニックの中のオルソケラトロジー説明ページを見てください。

 

どうやら睡眠時間が確保できない方はダメみたいですね

 

視力回復コンタクトレンズ『オルソケラトロジー』はまだまだ普及していませんが

後、数年もすれば日本に広がるはずです。

 

 

どう考えても手術よりも

 

毎晩コンタクトして寝る方がリスクもないです。

レーシックは後遺症がでる可能性があるから

この視力回復コンタクトレンズ『オルソケラトロジー』が普及するのも時間の問題ですね

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

 

 

 


-news, 病気
-