news

夏風邪の予防と対策?

 

夏風邪はバカが引くと言われていますが

 

 

現代社会において夏風邪は現代病と言えます。

 

 

夏風邪の原因は高温多湿のの環境を好み、夏に活動的になる

 

 

 

アデノウイルスやエコーウイルス(エンテロウイルス)、

 

コクサッキーウイルスが原因

 

 

このウイルスは冷房(エアコン)などで口腔内、鼻腔が乾燥している所に感染します。

高温多湿の夏に乾燥なんてしないと思うかもしれませんが、

エアコンのせいで夏は温度差が激しい環境が多いです。

 

 

35℃の外から28℃のコンビニエンスストアに入ったり

 

 

オフィスから外にでたりすれば

 

汗をかいてシャツはベトベトになります。

 

そんなシャツで28℃のオフィスに戻れば

 

 

温度差で体が冷えてしまい免疫力が低下します

 

 

 

夏風邪の症状は発熱に加えて腹痛や下痢、ノドの痛みなどが特徴的です

 

夏の風邪はお腹にきやすいというのがよく言われます。

冬の風邪ウイルスの

 

 

コロナウイルスやライノウイルス

 

はノドの痛みや鼻水が主な症状です。

 

夏風邪も冬の風邪も症状は殆ど同じです

なので予防方法も同じです。

 

 

手洗い(とくに食事前や排便後の手洗いなど)やうがいの励行

プールや風呂に入る時は、その前後に水道水で洗眼を行ったり、シャワーを浴びて身体を清潔にする

タオルやハンカチを共用しない

3)以外で感染者が使用(接触)する日用品や食器類、感染者の手指が触れるドアの取っ手(ノブ)や水栓(蛇口)、手摺りなどを(熱湯や消毒薬等を用いて)消毒、清拭する

抗炎症薬が配合された点眼剤(目薬)の共用を避ける

38℃以上の高熱が続く時は、医師の指示に従いながら、十分な水分補給をする

 

夏風邪になる原因は温度差による免疫力の低下と

 

乾燥した状態になった口や鼻からのウイルス侵入が原因です。

 

 

手を洗う、うがいも重要ですが。

 

汗をかいたら着替える。

 

ノドがかわいたら水分をとるこれだけでも

 

予防になると思いますよ。

 

外回りなどで外に出る人や肉体労働をしている人は是非

 

実践してみてください。

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

 

 


-news,