雑記

スエーデンの学校が閉鎖、理由はアイロン

おはようございます

小山佳祐です

スエーデンの名門校、ルンドベルグ校が
閉鎖されるそうです。

理由は新入生にアイロンを押し当てる
儀式が明るみにでたため。

こういった事件をみると
やっぱり閉鎖的な空間って怖いな。

なんというか、
狭い人間関係の怖さみたいなのが
ありますね。

学校とか職場って

なんというか村的な怖さがありますね。
そのコミュニティだけの独自ルールが
あってそれがわけわからない。

小説なんかで描かれる独自ルールは
法律違反というか完全に無視してたり
するんですけど。

実際にはそういうことはありません。
でも、これって他人事じゃないですよね?
だってあなたが社会に属する限り

こういうルールはついてまわるわけですから
大事なことは、そのルールがおかしいと
思ったら、すぐに逃げることです。

もし、明らかに理不尽なルールを正しと
感じているなら、それは洗脳されていますよ。

スエーデンの学校で異常な
儀式がまかり通ったのも洗脳が原因

異常な状況を受け入れてしまっていますね。

理不尽な洗脳から抜け出すには
見識を広げるしかありません。

外の意見を聞けば、何かわかることが
あるかもしれませんよ。

・・・・白状すれば

このメールだって洗脳メールです。

俺のこと好きになれ〜って思いながら
書いてます。

人間って実はお互いを洗脳しあって
生きているんです。

例えば、学生時代に部活の先輩と
同じ口癖がいつの間にか、みについていたり

上司と飲みに行くことが増えたら
酒の好みが変わっていたとか

これも洗脳の一種です。

お金持ちと遊んでいるとお金持ちになれる
というのもお金持ちに洗脳されるからですね

どんな人になりたいかで付き合う人を変えて
みるといいですよ

ではでは(^_^)ノシ


-雑記
-