news

プア充って考え方は古い

 

こんにちは

 

小山佳祐です。

 

最近、プア充って言葉を聞きました。

年収300万円でも楽しければいい

毎日、朝から晩まで働いてもそんなに給料は変わらない

それなら無理に残業しないで早めに帰ろうという考え方ですね。

 

 

・・・・・・・古い

 

 

この考え方の根っこにあるのって

 

 

会社

 

つまり一つの収入源からしかお金をもらわないという発想が元になっています。

 

安定した収入の確保は間違っていませんが

今の時代、大企業だって倒産します。

もう、つぶしのきかない年齢になってから職を失うこともあると思います。

だからこそ、収入源は複数あるべき

それが例え、月に1000円だったとして0円よりはマシです。

複数の収入源を確保するにはやはりインターネットの力を借りるのが一番ですね

単純に言えばブログやサイトがあなたの変わりに働いてくれます。

 

 

こういった事実があるのにプア充をやりますか?

 

 

プア充な人はさらにその先を目指してみてはどうでしょうか?

残業しないで帰ってきたら時間はあるはずです。

 

 

 

余裕がある時間を使って未来のために働くというのも一つの手だと思いますよ。

 

 

正直な話、日本企業の長時間労働は異常だし、

日本人のサービス精神につけこんだサービス残業もはっきり言って

俺たちを蝕むだけ

 

 

こういう背景があるからこそプア充なんて言葉が産まれるわけです。

もっと考えて行動しないとだめなんでしょうね

 

某、鋼の錬金術師でも言っていましたが等価交換できてないですからwww

 

まとめ

 

企業の過剰な残業に付き合うな

プア充はアフター5をどう過ごすかで人生が変わる。

収入源は複数もつべき

 

 

ではでは(o・・o)/

 


-news