雑学

石油の埋蔵量は、実は毎年増えている

 

1970年代のオイルショックのときには、

石油の枯渇が懸念されていたが、現在も石油は採掘されている。

 

 

 

近年まで石油の可採埋蔵量は残り40年あまりと叫ばれ続けてきたが、

現在は50年以上とされており、増加していることになる。

 

 

2010~2011年の1年間だけでも8パーセント増加している。

 

 

これは、採掘技術の進歩や油田の発見による。

 

 


-雑学