雑学

京都、ユニクロの看板は、赤と白が逆転している

京都の街を歩くと、

日本全国で出店されている店の看板が、
通常とは異なることに気が付くだろう。

例えば、カジュアルな衣料品を販売するユニクロ。

通常であれば、赤色ベースに白文字「UNIQLO」と書かれるが、京都ではこのベース部分と文字が逆転しているのだ。

じつはこうした変更はユニクロだけじゃない。

マクドナルドも茶色を基調としたものになっている。

これは1956年(昭和31年)に制定された
屋外広告物条例によって、

「広告の地の色は白色を原則とし、周囲の景観との調和に配慮する」

「特に、赤・黄色を下地に用いる場合はこれらの色と補色関係にある色の使用は配慮する」

という規制がされたため。
独特の趣きある街並みはこうした細かい配慮によって維持されている。


-雑学