雑学

城に植えられた松の木は、じつは非常食

日本の城には松の木が植えられていることが多く、とても情緒ある雰囲気を演出してくれる。

しかし、この松の木はなにも美観のために植えられたのではない。

じつは非常食として利用するためだ。

松葉には殺菌力があり、葉緑素やビタミン、ミネラルも含まれている。

苦味や臭み抜き、餅やダンゴなどに加工することで、食用として飢饉から人間を救ってきた。

いったん戦になれば大軍相手に籠城することもある。

いかに非常食が用意されているかが重要になる。

城の松の木は、風流を味わうためではなく、実戦に即した大事な設備だったのだ。

メルマガ登録


-雑学