Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

日常生活の裏ワザ

打ち水の効果的なやり方⇒一番暑い時間にやっちゃダメ!

暑さ対策として有名な打ち水ですが適当に水をまくだけではあまり効果が得られない

ただ、水をまくだけではなく効果的なやり方というのがあります。

地面にまかれた水が蒸発する時に気化熱が発生し地面から熱を奪う。

 

 

日本に伝わる昔からの知恵ですね~

ただ、やり方を間違えると逆効果になります。

余計、蒸し暑くなってしまうので注意です。

 

 

どうも~日本の文化は合理的だな~と感じる今日この頃@kesuikemayakuです。

暑さ対策の一環として打ち水のやり方を紹介します。

どっかの地方、確か埼玉県だったかな?打ち水大作戦という環境に優しいイベントがあったみたいです。

 

 

成果としてはそのイベントで1.6℃の気温低下があったそうです。

 

打ち水のやり方

打ち水のやり方は柄杓とかペットボトル、ジョウロなどで

地面に水をまくだけなんですがコツがあります。

  • 午前中、または夕方に行う
  • 水溜りができる程、水をまかない

 

これがポイントになります。

逆にカンカン照りのお昼から午後3時は絶対に避けた方がいい

打ち水は朝か夕方にする方がより効果的です。

 

 

スポンサーリンク

 

水溜りを作ってはいけないのは何故か?

打ち水の効果は地面に染み込んだ水が蒸発する事で気化熱を発生させて

地面や空気中の熱を奪う事にあります。

水溜りにしてしまうと水がなかなか蒸発しないため気化熱も発生しない

 

 

蒸発自体がゆっくりしたものになってしまうので体感温度はそこまで変わらないというわけです。

なので打ち水は地面が少し湿っている程度にしておくといいです。

水溜りが出来てしまうと逆に湿気も多くなって蒸し暑くなってしまいます。

 

午前中の打ち水効果!

日が高くなってしまえば全て蒸発してしまいますが

窓の下やベランダなどをあらかじめ打ち水しておけば涼しい風が入ってきやすくなります。

お昼など一番、日差しが厳しい時間だとすぐに蒸発して乾いてしまうのですが

 

 

午前中は比較的長持ちします。

 

夕方の打ち水

夕方の打ち水はかなり効果があります。

日中、太陽が暖めた地面の熱を奪うからです。

そのまま夜になるので地面が暖められる事は朝になるまでありません。

 

寝苦しい夜も多少は過ごしやすくなると思います。

 

スポンサーリンク

 

 

何故、日差しの強い時間は打ち水してはいけないのか?

日差しの強いお昼以降は打ち水をしてもあまり効果がありません。

というのもあっという間に水が蒸発してしまうからです。

また水蒸気も発生するので湿気が多くなり不快度が上がる!

 

 

打ち水をする場所

打ち水をすると効果がある場所というのがあります。

それは

  • 日陰
  • 植物
  • 砂利

玄関周りやベランダなどに日陰や植物があったりすると思います。

ベランダなどはすだれをかけて日陰を作るようにすると効果抜群です。

 

日陰

日陰は日向と違って一気に蒸発する事がありません。

ゆっくり水が蒸発するので効果が長持ちします。

 

また窓やベランダにすだれをかけてやったりする事で日陰を作ったりすだれに水をかけてやる事で打ち水効果があったりします。

砂利も水はけが良くなるので打ち水効果がアップするようです。

 

植物

植物は自らの体を冷やす機構が備わっていて水を与えると限られた水分を効率よく利用して蒸散により自分の体温を下げる仕組みを持っているからだそうです。

また、葉の陰になっている空間の気温は、葉の表面温度よりもさらに低くなることから、そこで冷やされた空気が風や対流で拡散し、植物周辺の温度は気温よりさらに降下します。

この現象が植物による打ち水効果です。したがって、路面などに直接打ち水を行うよりも、植物を植えて打ち水をした方が持続的で効率のよい気温降下が期待できます。

 

 

観葉植物とかが庭やベランダにある人は是非お試しあれ。

 

マンションやアパート暮らしの人はベランダに打ち水すべし

マンションやアパートで一番、暑い空気が流れてくるのがベランダ。

ベランダのコンクリートを打ち水で冷やす事で快適になる。

すだれをかけて日陰を作りすだれに水をかけると涼しい風が入りやすい。

 

注意したいのは隣の部屋のベランダに水をかけたり水が外にでないようにする事です。

 

まとめ

打ち水の効果的なやり方をまとめると

  • 朝か夕方がベストな時間
  • 地面が軽く湿る程度、水溜りは作らない
  • 日陰に水をまくべし
  • 植物に水をまくべし
  • ベランダに打ち水すべし

こんな感じですね

試しにベランダに打ち水したら結構、涼しい風が入ってくるのでおすすめですよ

ではでは(^ω^)ノシ

スポンサーリンク

 

ブログ検索

 

-日常生活の裏ワザ
-, , , , , , , ,