いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

トリビアとノウハウノート

トップページ

スポーツ知識

相撲で反則負けになる8つ行為を解説

投稿日:

大相撲で反則負けになる行為があります。

Twitterで白鵬が顔面にエルボーかましたなんて品がないんだ!

とか言ってるのに違和感を覚えたので相撲の反則についてちゃんと調べて書いていこうと思います。

 

 

そもそもルールで反則になっていなければ何をしてもいいのか!という発言はクソ以下の戯言だと思っています。

武道を知らない素人が技の結果だけを見て騒いでいるだけで実際、相撲ではかち上げと言って立派な技。

そもそも頭突き、肘打ち、体当たり、のど輪が許された超実践的な武道。

 

相撲は古墳時代の埴輪や須恵器の出土品に、相撲が行われていた様子が描かれている事から、日本では古くからこの競技が行われていたと考えられています。

また、「古事記」に書かれている国譲りの神話が相撲の起源とされる事もあります。

 

日本書紀では相手を蹴ったりできる格闘技的な要素もあったけど奈良時代になると、三手の禁じ手である「突く、殴る、蹴る」や四十八手などの礼儀作法が制定されたと言われています。

 

そんな歴史ある相撲にも現在8つの反則がある。

これは力士を守るためのものです。

 

スポンサーリンク

 

握り拳で殴ること

握り拳で殴るのは反則です。

パンチは相手や自分を必要以上、傷つけてしまうからです。

脳震盪によるダウンは相撲の本質である力競べとは相反しています。

 

それに最悪、拳を潰してしまう危険があるからではないでしょうか?

立ち会いの際に張り手を使いますがもし仮に拳でやったら全力、体当たりの頭突きと拳が衝突して拳が潰れてしまう。

だから張り手はよくて拳はダメなんだと@kesuikemayakuは思います。

 

頭髪をつかむ

髪の毛、髷(まげ)をつかむのは反則です。

日本相撲協会の審判規則の【禁手反則】の項目では「頭髪を故意につかむこと。」が反則負けの対象となります。
故意かどうかの判断は難しいため、髷をつかんだり髷に指が入ったりすると一律に反則負けとなります。

手で相手の髷や頭髪を押さえることは反則となりません。

 

朝青龍は、横綱で剣晃の髷をつかんで反則負け、

又、阿覧は高見盛、玉乃島、嘉風の3人の髷をつかんで反則負け、という印象が残っています。

 

髷をつかむ、頭髪をつかむという行為は実は相手を倒す時に非常に有効。

古流武術では手髪捕り(たぶさどり)と言われています。

髪の毛をつかむと相手を引き倒す事が非常に簡単になる。

 

面白味がなくなってしまうため反則にしている

 

目またはみぞおちなどの急所を突くこと

目やみぞおちなどの急所を突く行為は禁止

目は分かるけどみぞおちはボクシングでは攻撃対象です。

なんでボクシングではOKで相撲ではダメかと言うと

 

力士が全力で急所を攻撃すると人は死ぬからですね。

頭突きや肘打ちでみぞおちを攻撃したら・・・・

 

両耳を同時に両手のひらで張ること

両耳を同時に両手のひらで張るのは反則

これは鼓膜が破れてしまうし三半規管を攻撃するのは死の危険がつきまとう行為なので反則。

三半規管を攻撃されたら技とか関係なく倒れてしまうという点もある。

スポンサーリンク

 

前立みつをつかみ、また横から指を入れて引くこと

前立ちみつ(前袋とも言う)というのは局部を隠している部分ですね。

マワシはT字になっていますがその縦線部分【I】に指を入れる行為。

マワシが取れて局部が見えてしまうと不浄負けになってしまいます。

 

それを故意にやろうとするのは反則という事です。

見苦しいものが見えるし力士が社会的に死にかねない。

 

ノドをつかむこと

相撲でよく使われるのど輪は喉を張り手で押しているだけ

当たり前ですが喉を力士が力を込めて掴めば死んでしまいます。

故に喉をつかむのは禁止。

 

胸、腹をけること

胸や腹をける行為が反則なのは大昔の相撲をとって蹴り殺された人がいるからではないだろうか?

『日本書紀』によれば、大和国の当麻邑(たいまのむら、現奈良県葛城市當麻)に住み、強力を誇って生死を問わない勝負をする者を欲していたため、これを聞いた垂仁天皇が出雲国から勇士であると評判の野見宿禰を召し寄せ、捔力(すまひ)で対戦させたところ、互いに蹴り合った後に、腰を踏み折られて死んだといい、蹴速の土地は没収されて、勝者の野見宿禰の土地となったという。

 

こういうエピソードがあるから相手の腹や胸を蹴るのは反則なのではないでしょうか?

 

一指、二指を折り返すこと

指を1~2本掴んで折り返す。つまり指を折るような行為は反則です。

これがありになってしまうと力競べではなくなってしまうし

戦える力士がいなくなる。

 

まとめ

大相撲で反則になる行為って基本的に使われると一瞬で勝負がつく行為であったり

それって死ぬじゃんみたいな危険な行為が多い、まとめると

  1. 握り拳で殴ること
  2. 頭髪をつかむこと
  3. 目またはみぞおちなどの急所を突くこと
  4. 両耳を同時に両手のひらで張ること
  5. 前立みつをつかみ、また横から指を入れて引くこと
  6. ノドをつかむこと
  7. 胸、腹をけること
  8. 一指、二指を折り返すこと

相撲の反則を面白おかしく、解説してくれる初っ切りというのが相撲ではあります。

興味がありましたらYouTubeなんかで見るといいですよ。

ではでは(^ω^)ノシ

スポンサーリンク

 

ブログ検索

-スポーツ知識
-, ,

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

by