Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

生活

使い捨てライターの捨て方!適当に捨てるのは御法度!

意外と使い道に困るのが中途半端に残った使い捨てライター

捨てるにしても適切な処理をしないと危なくてしょうがない。

今回はそんな使い捨てライターの捨て方について解説していきたいと思います。

 

 

 

ぶっちゃけ喫煙者なら基本中の基本ですがタバコを吸わない人間からしたら

夏のキャンプでしか使わないですからね。

 

 

どうも~趣味で創作活動をしていると意外とライターを使うな~と思う@kesuikemayakuです。

趣味で使っていると中途半端にガスが残ったライターがあって捨てるのに苦労するんですよね~

今回はそんな使い捨てライターの捨て方についてシェアしていきます。

 

 

使い捨てライターを捨てる手順

使い捨てライターを捨てる時の手順として

  1. ガスの確認
  2. ガス抜き
  3. 地方自治体のルールに沿って捨てる。

大切なのは100円ライターにガスが入っていない事を確認する。

火のつく状態で捨てると火災の原因になるのでガス抜きは必須です。

 

ライターのガスは自然に抜けていきますが少しでもガスが残っていると危険なのでしっかり処理しましょう。

 

 

地域ごとにごみ捨てのルールが違うのでここら辺は要注意です。

地元のごみ捨てルールに従って処理してください。

スポンサーリンク

 

ガスの抜き方

用意するものはテープや輪ゴム

使い捨てライターはスイッチを押すとガスが出てヤスリなどで起こった火花や電子ライターなどは電気の力で火花を起こす。

火花が出ないようにボタンを押すか火を消してボタンを押し続ける事でガスが抜けていく。

 

分解してガスを出してしまうのもありかもしれませんね。

まず、着火する部分を水につけてから作業しましょう。

そうすれば火はつきません。

 

 

ライターのガス抜きは風通しの良い屋外でやりましょう。

密閉された部屋の中でやるのは危険です。

 

ガス抜き手順

  • 着火部分を水につける。
  • 着火ボタンを押し、火がついてないのを確認して輪ゴムやテープで固定
  • 火の大きさを調節レバーを最大にする。
  • ガスが抜けるまで放置

これが一番楽な気がします。

ライターを分解したりせずスイッチを固定する事で残りわずかなライターのガスを抜く事ができます。

どの使い捨てライターでも基本は同じで着火ボタンを押しっ放しにしておけばガスは抜けます。

 

ガス抜きが出来ているかはガスの臭いや「シュー」と空気が抜けるような音がするのでそれで判断してください。

 

スポンサーリンク

 

ガス抜きの時間

ガスを抜く時間は大体、2時間から1日程度、中身が見えるタイプなら簡単に確認できるのでいいですが

中身が見えないタイプは念入りにやりましょう。

ガスの臭いがしなくなったり火がつかない状態なら大丈夫だと思います。

 

自治体ごとにルールが違う

市町村によって燃やせるゴミに混ぜてもいいとか

燃えないゴミでライターだけを集めて透明な袋に入れて捨ててくれとか

ライターだけの袋に危険と書いておいてくれとかいろいろあります。

 

この辺は地元の市役所が運営しているサイトを見て確認するかゴミ出しのルールが書かれた紙を基本にするしかないですね。

ややこしいけどしっかり分別しましょう。

 

 

まとめ

使い捨てライターはしっかりガスを抜く

ポイントは

  • ガス抜きを必ず行う。
  • 着火部分を水につけて火がつかないようにする。
  • 作業は屋外で
  • 着火ボタンを押して火がつかない状態で固定(テープ、輪ゴムなど)
  • 2時間~1日くらいの時間でガスは抜ける。
  • 中身が見えないライターはガスの臭いや火がつかない事を確認する。
  • 地方自治体でルールが違うので確認して捨てましょう。

捨ててしまうライターって長時間放置されているようなものとか火がつかない、つきにくいものだから

処分も簡単、アウトドアで使ったっきりというライターもすぐには処分しないと思うので基本的にガス抜きも楽なはず。

確実にガスを抜いてからゴミとして捨てましょう。

 

 

いい加減な方法でライターを捨てるのはダメですよ!

ではでは(^ω^)ノシ

スポンサーリンク

 

ブログ検索

 

-生活
-, , , , ,