iPhone活用術

iPhone5以降の充電ケーブル「Lightning」は断線しやす予防方法は?

2018/03/22

iPhone5以降の充電ケーブルLightningコネクタはとにかく断線しやすい。

断線すると火事の危険もある。
断線してダメになったコードはコンセントを挿すと火事になることもある。

 

@kesuikemayakuもiPhone5のLightningコネクタの充電ケーブルを3回買い替えました。

機種変したのは1年前くらいなのに充電ケーブルの寿命は3ヶ月〜半年くらいです。

これじゃあお金の無駄なので充電ケーブルを補強して断線を予防することにしました。

 

 

 

①ビニールテープを巻く

ビニールテープを巻いて充電ケーブルを補強する。

この方法だとケーブルが接着剤でベトベトになる。

ゴミもつくしオススメできない。

とは言え簡単に補強できるしケーブルの皮が剥がれてしまっていてもビニールテープで補強できるのは便利。

断線予防に使えるし皮が剥がれた時の修理にも使えます。

 

 

②熱収縮チューブを使う

 

熱収縮チューブは熱を加えると縮むチューブ。

充電ケーブルの上に被せてライターで炙れば縮んでケーブルに張り付く。

動画を見た方がわかりやすいですね。

ビニールテープと違って見た目も綺麗だし補強もできるから便利ですね。

 

太さとか収縮率がピッタリな物を選ばないと綺麗に補強できないのは難点ですね。

見た目はかなり綺麗になるので皮が剥がれた時も修理できる。

 

③ボールペンのバネを巻く

ボールペンのバネを使って充電ケーブルを補強、断線の予防になる。

 

材料はボールペンのバネと充電ケーブルのみ

IMG_4340-2.JPG

 

ボールペンのバネを巻くのが難しい(ーー;)

僕も動画を撮影しながら作ったけど難しいです。

動画は音無しでムダに長いので適当にみてください。

 

 

 

手元が殆ど映ってないしな(ーー;)
動画撮影難しい。

ふと思ったけど②と③を組み合わせたら完璧な気がしますね。

とりあえずボールペンのバネで補強したものがこちら

IMG_4341-2.JPG

 

これでLightningコネクタの充電ケーブルの断線予防は終わりです。

これで充電ケーブルは断線しづらくなりました。

それでも充電ケーブルの寿命がくると思うので買い替える時は断線しづらい

 

丈夫な充電ケーブルをオススメします。

iphone ケーブル 2m iphone 充電 ケーブル セット【3本セット】 iphone ケーブル 3m 断線防止 ケーブルiPhone8ケーブル 断線しにくい iphone ケーブル 充電充電器用認証OK 急速iPhone充電ケーブル 高耐久1.5m iphoneケーブル20cm【メール便送料無料】

充電ケーブルはドンキホーテとかで買うより楽天通販の方が安い(^○^)

 

 

素人が断線を修理するのは危険?

断線したら諦めてアップルの無料交換をするか新しい充電ケーブルを買った方がいいです。

条件が合致していればアップルストアで無料交換できます。

 

ネットを見ていたら皮をハサミで切って断線部分を指でねじって繋げてセロテープで固定という方法が紹介されていましたが

正直、おすすめできません。

 

 

というのもハサミで皮を切って断線している部分を直してセロテープで皮を塞ぐという方法ですが

充電ケーブルは細いし神経を使う作業になります。

断線した充電ケーブルはショートして発火する恐れもあって危険、上手く直せ無かった時は最悪火事になる。

 

 

コンビニやドン・キホーテに売っている物をわざわざ直すよりも新しく買った方がいい。

労力の割に失敗したデメリットが大きいので止めましょう。

 

 

@kesuikemayakuの感覚だと充電ケーブルは使い捨ての消耗品なので安いケーブルをたくさん買うか

丈夫な充電ケーブルを使うかどちらかにしています。

壊れた新しいのを買いましょう。

 

 

断線しないように予防はしても修理はしない方が無難ですね。

 

まとめ

充電ケーブルを補強する材料は100円ショップで揃う。

手先が不器用な人には難しい。

買い替える時は丈夫な充電ケーブルを買うべし

 

充電ケーブルは修理するよりも無料交換か新しく買いましょう。

 

ではでは(^ω^)ノシ


ブログ検索

アーカイブ

-iPhone活用術
-, , , , , , , ,