Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

コンピューター

【iPhone】音声入力を使えば文書が超絶早く書けるので笑いが止まらない

iPhoneの音声入力機能を使うととても簡単に文章がかけてしまいます

文章入力の何が凄いかと言うと、とても精度がよくて漢字も正確に書いてくれます。

音声入力はアフィリエイターやライターさんにぴったりの機能だと思います。

 

 

どうも〜@kesuikemayakuです。

日々ブログを書いていると手が腱鞘炎になってしまったりするのですが音声入力なら声が出る限り文章書くことができます

音声入力で文章を書いていますがなんだかんだ400文字くらい書いたんじゃないかと思います。

発音が悪いと誤字が多くて大変ですが
普段タイピングがへたくそな人ならこちらのほうが絶対に速く文章が書けます。

 

スポンサーリンク


音声入力機能の使い方

音声入力機能の使い方を紹介します

音声入力を使うにはキーボードの左下にあるマイクのマークのボタンをタップして声を出すだけです。

これは文章を書くアプリには必ずついています。

 
普通にメモを取ったりへブログのない文章書いたり、ちょっとした動画の文字起こしなんかもできたりします。

音声入力アプリもありますが、公式のキーボードで十分。

誤字脱字もありますがそれは後で修正していきます。

音声入力のメリット

音声入力のメリットはとにかく喋れば文章が書けると言うことです。

人間400文字の文章を書くのは意外と難しいでも400文字の言葉を話すのはものすごく簡単に誰でもできます。

なので誰でも簡単に文章を作ることができます。

 

 

 

音声入力をするときはちょっとしたコツがあってうまく単語を区切って喋る事ですね。

何よりもいつでもどこでも簡単に文章が作れます。

 

 

 

通話中と見せかけて仕事の上文章を作ってみたりとか

ブログの記事を書いてみたいと今考えていることを文章に残すとかものすごく簡単にできます。

ベラベラとしゃべった事でも手でタイピングするととても大変。

 

 

 

外出中でもブログの記事をかけたり仕事のレポートを書いたりすることができます。

これはものすごく時短になります。

スポンサーリンク

意外と小声でもいける

音声入力は意外と小声でも声を聞き取って文章になります。

なので隣で誰が寝ていても文章を作る差し支えがありません。

なので僕みたいなブロガーにとって指を動かさずに文章が書けると言うのはとてもスマホで何かを喋っていてもみんな通話しているとしか思わない。

 

 

小声なら町で通話しているふりしながら執筆するのも難しくないですね。

 

実際に文章書くときの注意点

ますおおざっぱに文章を作り誤字脱字を修正していくのがいいと思います。

一息でしゃべれる範囲、とりあえず文章書いてしまい

 

 

後で指を使って修正すると言うのが1番効率が良いと思います

全部書いてから修正すると、どこが誤字だか分からなくなります。

 

 

改行や句読点は音声入力に対応しているみたいです。

 

改行と言えば改行してくれますし、「○○で■■なんですまる」と言えば「○○で■■なんです。」という風になります。

 

まとめ

音声入力機能はブロガーにとってとても役に立つ機能でした。

文章がサクサクとかけるこれがすごく気持ち指で文章書くとですます調の硬い文章になりがちだけど

しゃべっていると普通の口語調になるので、とても読みやすいっていうか親しみやすい。

 

 

まだまだ研究は必要だけど

iPhoneを使うなら音声入力機能は絶対に使った方が良い機能だと思います。
すべての文章を嗜む人に愛される機能だと思います。

ではでは(^ω^)ノシ

スポンサーリンク




フォローミ~


follow us in feedly

Facebookページ

LINE@
友だち追加

ブログ検索

ブログ検索

スポンサーリンク

-コンピューター
-, , , , , , , ,