トリビアとノウハウノート

いろいろなトリビアとノウハウを紹介

トップページ

面白いトリビア

ポチが犬の名前のステレオタイプになった由来って?⇒実は○風の名前だったwww

犬の名前と言えばポチですが

なんでポチなのか?

その由来について書いていく事にします。

 

 

どうも~犬の名前と言えばポチ、@kesuikemayakuです。

小さい頃からそんな感じだったので疑問にすら思わなかったけど

ポチという名前が犬につけられるようになった由来とは?

 

 

どうやら諸説あるようです。

明治時代にはポチは定着していた。

明治43年の朝日新聞に掲載されたデータを元にした“犬の名前ランキング”を見てみると…。

  • 1位・ポチ/
  • 2位・ジョン/
  • 3位・マル/
  • 4位・クロ/
  • 5位・アカ/
  • 6位・ポーチ/
  • 7位・ボチ、チイ/
  • 9位・シロ、ハチ、チン、タマ

当時は洋風な名前をつける事が流行っていたそうです。

当然、ポチも洋風な名前という事ではないでしょうか?

 

夏目漱石が洋風の名前ばかりで嘆かわしいと批判していたとかいないとかwww

この話で分かるのはポチは洋風な名前。

 

諸説一覧

  • アメリカの俗語で「犬」(Pooch)のこと
  • フランス語で、小さいと言う意味の「Petit/プチ」が変化した
  • 英語で「spotty」(スポッティ = ブチの犬)
  • チェコ語の「pojd'」(ポチュ = 来い」
  • 日本語の「これぽっち」や「ポチ袋」から来ている説。

個人的にはチェコ語説は違う気がします。

幕末くらいから明治時代にかけてチェコの人が頻繁に日本に来たとは思えないし。

 

 

日本語のこれぽっちがなまった説は有力な気がしますが

一番、有力なんじゃなかろうかと思うのがフランス語の空耳説ですね。

スポンサーリンク

 


アメリカの俗語で「犬」(Pooch)のこと

なんで俗語が広まったのか考察すると

 

日本では犬は殆ど野良犬で農村なんかでは普通に石で追い払う存在でした。

富裕層が愛玩していたお座敷犬とは違う系統ですね。

基本的に犬を飼っているのは小型犬を富裕層の奥さんや遊女が飼っている場合か

 

 

猟師が猟犬として飼っているかの二択、農民が犬を飼う事はなかったみたいです。

明治時代に狂犬病が流行るまでいたる所に野良犬がいたみたいです。

幕末から明治にかけてやってきたアメリカ人が野良犬を追い払う時にPooch(犬)と呼んだのが広まったという感じですかね。

 

あくまでも僕の考察です。

 

こんな話もあります。

嘉永七年(1854)、日本開国を祝し、幕府とペリー艦隊との間で記念品の交換がなされ、幕府から米大統領宛に、米二百俵、木炭三十五俵、乾物の魚などともに、座敷犬のチン(狆)数匹が贈られたのです。

ペリーは持ち帰った狆の2頭をイギリスのビクトリア女王に献上したとされています。

アメリカ人が日本の犬を見てポチと呼んだ説はかなり有力な気がしますね。

 

ただアメリカでPoochが使われ始めるのが1924年で由来は不明だという話もあって

これは日本人移民の犬がポチだった可能性も微レ存。

 

フランス語で、小さいと言う意味の「Petit/プチ」が変化した

明治期に来日したフランス語圏の宣教師が、自分の犬を「 petit 」(プチ=「小さい」「かわいい」といった意味)と呼んだのを、日本人が犬の名前と誤って解釈した

一般的にはそう言われていますが名前も残っていないフランス人の宣教師がきっかけで広まったというのは少し無理がある気がします。

そこで考えたのは日本人が飼っているお座敷犬を家の中で見たのではないだろうか?

 

 

江戸時代の小型犬と言えば狆(チン)なんだけど19世紀頃には盛んに欧米に輸出されています。

そう考えると狆を買い付けに来たフランス人がpetitと言ったのを聞き間違えたのかもしれません。

これならこの説に辻褄が会います。

 

 

富裕層と付き合いのあるフランス人は割とお座敷犬と遭遇する事が多かったのではないでしょうか?

スポンサーリンク

 

 

英語で「spotty」(スポッティ = ブチの犬)

英語のスポッティ(spotty、斑点のある、まだらの、の意)からきたもの。

つまり、“ぶち”の犬を西洋人がこう呼ぶのを聞いた明治時代の日本人が、犬の名前はポチというのだな、と思い込んだ。という説があります。

アメリカ人がまだら犬を日本人と一緒に見たときに日本人はブチと呼んでアメリカ人はポティーと呼んだのかもしれません。

その内、間をとってポチになったのかもしれません。

 

チェコ語の「pojd'」(ポチュ = 来い」

この説は微妙wwwというのも明治時代にチェコ語を喋る人間が来日したかどうか分からないから

まとめ

ポチは洋風な名前、多分だけどいろんな外国語を空耳して日本人が洋風な名前としてポチと名付けたんじゃなかろうか?

個人的にはフランス語のプチが変化した説が有力な気がします。

 

フランス人の宣教師が自分の犬をプチと言ったのかは定かじゃないんですけどねwww

ではでは(^ω^)ノシ

スポンサーリンク

 


ブログ検索

 

カテゴリー

アーカイブ

-面白いトリビア
-, ,