仕事のやり方を変えるヒント

雪の日は仕事を休む方がいいんじゃないかと思う。

2018/02/06

雪が降って、電車が止まるような日はいっそのこと会社を休んだ方がいいと思う。
北海道とか寒い地域なら雪対策万全だけど、雪がめったに降らない地域では
通勤に危険が伴う。

 

 

だからいっその事、みんな休んでしまえばいいと思う。
職場が近い人は通勤して、電車に乗って1時間とか30分とか時間をかける人は休んでもいい気がする。

 

と言うのも通勤中に怪我するリスクも跳ね上がるし、電車も遅れるから会社に遅刻する事は決定しているし、午後から出社とかになれば定時までそんなに働けない。
更に言えばちゃんと家に帰れるかも心配しないといけないからいつもより疲れる。

都内や雪が滅多に降らない地域は休んだ方がいい。

もちろん、職種によっては休めない人もいるかもしれないけど。

オフィスに勤めるサラリーマンやレストランでバイトしている学生。

工場に勤めているブルーワーカー

 

いろいろな仕事をしているわけですが雪が降った日くらい休んでもいいのではないでしょうか?

近場で歩いていける距離ならいいけど車やバイク、バスや電車なんかの公共機関を使ってまで職場に行くのはどうなんでしょう?

責任ある仕事をしているとはいえ、東京都はインフラそのものに雪対策をしていないので何かしらの事故や電車の運行が中止されたりする。

 

 

はっきり言ってしまえばスムーズに出社できないのだから休んだ方が有意義。

だって遅れて出社して残業とかしてまた雪道を帰る可能性があるわけです。

それならば有給休暇を申請した方がいい。

 

混乱している街中を移動して出社するだけでかなりの体力を使う。

 

雪国の場合は

 

雪国であれば雪対策が万全、RPGで例えるなら、雪の降らない地域の装備は旅人の服で雪国の装備は破邪の鎧とかロトの鎧くらい違う。
雪国では定期的に除雪車が走っていたり、電車も雪対策万全。

 

街を歩く人も雪対策した服装をしている。
だから安全。

 

道路の雪は除雪車両が取り除いてくれるし、家庭には雪かきの道具が常備されている。

だから雪が降っても道は綺麗に雪かきされる。

 

電車もラッセル車が雪をかき分けて走っているので雪の日でも快適に移動できる。

 

都内で雪が積もると危険度が一気に高くなる。

雪が降らない地域というのは雪対策が整っていないから

雪道に特化したインフラがないし

町を歩く人も雪道を歩くスキルがないし人によっては滑りやすい靴を履いていたりして危険だし。

 

雪が服に染み込んだりすると一気に冷える。

もちろん防水スプレーなんかの処理をすれば問題ない話ではあるんだけど。

都合よく防水スプレーや雪の日でも歩きやすい靴が家にあるわけじゃない。

 

まとめ

 

雪に対する備えが不十分な地域の人はいっその事、仕事を休んだ方がいいと思う。
日本人のムダに生真面目な部分の弊害だと思う。

 

怪我のリスクと時間的効率を無視して会社に出社するのは間違ってる気がする今日この頃です。
クソ寒い思いをして会社に行くよりも家でヌクヌクしてた方が賢い。

 

いつも以上に駅が混むし電車も満員電車、なのにお店に来るお客さんは少ないみたいな状況になってしまうかもしれません。
雪の日の通勤はリスクと利益の天秤が釣り合ってない、リスクの方が大きいと思うんだけど
雪だからって仕事を休むなんて甘えと主張する人もいますが。

リスクと利益を考えて見てください。
皆さんはどう思いますか?

ではでは(^○^)ノシ

ブログ検索

[SmartAds4]

アーカイブ

-仕事のやり方を変えるヒント
-, , , , , ,