面白いトリビア

生卵を飲むシーンが映画【ロッキー】にあったけど当時のアメリカ人の反応が日本人と違う件

有名なハリウッド映画にロッキーがある。
ロッキーの中で主人公がコップで生卵を飲むシーン
あれは当時の全米を震撼させたらしい。

 

 

なんてクレイジーなんだと
日本人からすれば生卵を味付けもせずご飯にかけもしないで飲むなんて
美味しくないとしか思わないけれど

当時のアメリカ人は違った

シルベスター・スタローンも生卵を飲むならギャラを増やしてくれという話ををしてギャラを増やしたそうです。

日本人的にはなんで?と思うかもしれませんが当時のアメリカでは当然の要求だし

当然ギャラは増えた。

 

 

シルベスター・スタローンは保険に入り、生卵を飲むシーンには必ず医者が立ち会うという体制だったみたいです。

 

 

卵を食べた理由

 

卵は完全食に近いと言われるくらいバランスが取れた食品。

なのでボクサーであるロッキーが食べていてもおかしくないのですが

 

 

ゆで卵にしたり、焼いたりしろよ!と思うじゃないですか?
料理する時間があったらひたすらトレーニングをしたいという気持ちを表現したかったのかも?

 

豊富なタンパク質とバランス良く含まれている栄養が魅力の卵。

入っていないのはビタミンCくらいのものです。

プロテインのない時代だったから卵は貴重な食材。

昔はボディビルダーが体を作るのにゆで卵を何個も食べていた。

 

男性ホルモンであるテストステロンを合成するのにも卵の栄養は使われる。

 


[SmartAds4]

 

外国ではゲテモノな生卵

 

何故、全米が震撼したかと言うと生卵を食べるのはゲテモノ食いだったからです。

卵は鮮度管理が難しい食材でサルモネラ菌が繁殖してしまう。

サルモネラ菌は加熱すれば死んでしまうので外国では生卵の扱いというのは

 

 

「ばっちいから生で食うな」と言われて育っています。

 

 

なので生卵を使った卵かけご飯なんかも外国人からは信じられない食べ物みたいです。

ただ、日本で食べて美味しかったというコメントが結構あるので最近は受け入れられている感じなのでしょう。

日本で生卵は精のつく食べ物として食べられていた

日本では生卵は精が付く食べ物として昔から食べられていた。

江戸時代には吉原とかの花柳街で卵売りがいたほどです。

まあ、売られていたのはゆで卵ですが。

 

 

 

江戸時代くらいから生卵が食べる習慣はあったみたいです。

生卵は日本人の感覚で言えば卵の刺身と言った感じで食べられていた。

 

 

 

食べ物を生で食べる習慣があったから抵抗がないという感じなんでしょう。

 

現代の卵事情

日本の卵は徹底的に消毒されて管理されている。

  1. 殻を洗って紫外線で消毒する。
  2. 卵は出荷まで人は触らない
  3. 強い光を当てて血卵がにないか検査
  4. 割れてないか音で確認
  5. 8℃以下で冷蔵保存

これを徹底的にやっているので生で食べられる。

消費期限も海外と比べると短い

  • 海外・・・3週間~5週間
  • 日本・・・2週間

日本と海外では認識が違うんですね~

 

まとめ

シルベスター・スタローン主演のロッキーにある生卵を飲むシーンは

生卵なんてゲテモノを食べてまで体を作るロッキーの覚悟を表現したシーン。

下手したらサルモネラ菌で死ぬぞ!!と思わせるシリアスなシーン。

海外ではサルモネラ菌の関係で生で食べる事はない。

 

 

チュニジアで生卵を28個食べて死亡したなんてニュースもあるけど

多分、サルモネラ菌が原因でしょう。

 

日本では江戸時代から新鮮な生卵を食べる習慣があったから

現代でも徹底的に消毒されて出荷されています。

ロッキーが生卵を飲んでいるのを見て日本人と外国人で温度差が出来てしまうのは仕方ない事ですね。

 

 

海外では生卵を絶対に飲まないようにしましょう!

ではでは(^ω^)ノシ


ブログ検索

アーカイブ

-面白いトリビア
-, , , , , , ,