Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

SNS トラブル 日記

snsトラブルを予防する4つの対策

2017/02/28

TwitterやFacebook、LINEが普及して
snsでいろんなトラブルが発生しているそうです。

SNSは使い方によってはトラブルの原因になる事があるので十分に気をつけましょう。

 

 

SNSトラブルの種類

 

人間関係が悪くなるパターン

詐欺に合うパターン

職場やお店などに迷惑をかけるパターン

 

この3つです。

 

トラブルを回避する4つの対策

  1. 他人の悪口を言わない、迷惑行為、犯罪行為を投稿しない
  2. 捨てアカウントでいきなりメッセージを送ってくる相手は注意
  3. snsの情報が広告かそうじゃないかわきちんと見極める。
  4. 個人情報の管理はしっかりする。

この4つを守れば大体のトラブルは防げます。

なんでかと言うと炎上の原因や騙される原因は全てこの4つのうちのどれかが原因だからです。

 

 

人間関係が悪くなるのはどうして?

 

人間関係が悪くなるのはsnsで悪口を言ったりしてそれが友人や家族、会社の上司などにバレてしまうのが原因

ネットの中のこととはいえ、相手がいると考えて発言するべきです。

相手がいるのだから慎重に記事を投稿するべきです。

 

 

基準として他人にが聞いていると思って投稿すれば間違いないでしょう。

また特定されたくない個人情報は公開しない設定にするべき。

後、Twitterなんかで多いのは自分の位置情報をツイートするパターン。

 

 

 

ツイートを念入りに調べればその人の行動範囲がわかってしまい大変危険です。

ストーカーにとっては宝の山です。
トラブルを予防するためにも普段の行動範囲はつぶやかない方がいい。

 

 

 

 

snsは公共の場と考えましょう。

そういうトラブルに合わないためには具体的な人名や地名はつぶやかない

具体的な内容をツイートしない、更にネガティブなツイートはしない事が重要。

フォロワーにリアルでも会う知人、友人がいる場合はネガティブなツイートは絶対に避けましょう。

 

おすすえめ記事

 

詐欺に合うパターン

 

もう一つ詐欺に合うパターンは

TwitterのタイムランとかFacebookのニュースフィードからではなく

直接メッセージを送ってくる場合です。
可愛い女性からメッセージがくれば
テンションがあがるのは仕方ないですがだいたいがサイトの勧誘だったりします。

 

 

 

サイトの勧誘ならいいのですが
メッセージにメールアドレスを載せてくるパターンが怖いです。

メールアドレスに返信するといつの間にか出会い系サイトに登録しているといったことがあります。

 

 

 

TwitterのTLやFacebookのフィード上でやり取りのない人のメッセージは基本
広告と考えるべきTwitterではたまに英語でDMがきて書いてあるリンクをクリックすると

アカウントがのっとられたりすることもあります。

気をつけましょう。

 

 

 

次にTLやフィードでの注意点
TwitterやFacebookはアフィリエイトがしやすいメディアで詐欺だ!
と問題にされのはサイトに無料登録すると動画が見られるというものだと思います。

 

 

 

これはアフィリエイト業界では無料オファーとよばれるもので

無料動画の後には必ずセールスが待っています。

Twitterなどでつぶやかれる無料オファーは広告主が一件登録されると300円〜1500円の報酬を支払うかわりに宣伝してもらっています。

なのでセールスする、商品も高額商品になります。

 

 

 

まあ、街で配っているティッシュと同じです。

動画を見にサイトにアクセスするというのはティッシュの広告を見てお店に行ったのと同じだと考えてください。

そう考えればセールスされるのは当たり前だし、買う、買わないを決めるのも自分です。

 

 

 

このセールスされた商品をその場の勢いで買ってしまって後悔した人が詐欺だ!

と騒いでいるパターンですね。

結局はTwitterのタイムランやFacebookやフィードに流れている情報は広告であることが多い。

基本的にTwitterやFacebookにある広告は詐欺的なものは少ないと思っています。

 

 

 

むしろいきなり使い捨てのアカウントでメッセージを送ってくる人の方が危険。

 

広告案件なのかそうでないのかを確かめる事が大事

突然、URL付きでDMを送りつけてくるような人は要注意です。

 

 

職場やお店に迷惑をかけるパターン

職場の愚痴や批判などをSNSにしてそこから職場の機密が漏れてしまうとか

お店で迷惑行為をしてそれをSNSに投稿するなど本当に迷惑な行為をする人がいます。

最近だと、コンビニでおでんの具を指でつついている動画を配信した男が逮捕されていました。

 

 

SNSっていいねとかRTが欲しくて変なことをして注目を集めようとする人がいますが

結果としてお店や職場に迷惑をかける事になる。

 

 

左翼系の団体で活動している男性のTwitterアカウントが炎上してTLから勤めている会社が判明してしまい

電話などで問い合わせが殺到したなんてニュースもあったような気がします。

 

 

他人の迷惑になる行為をツイートしない、これは基本です。

最悪、解雇や警察に逮捕される可能性もあります。

まとめ

1.他人の悪口を言わない、迷惑行為、犯罪行為を投稿しない

2.捨てアカウントでいきなりメッセージを送ってくる相手は注意

3.snsの情報が広告かそうじゃないかわきちんと見極める。

4.個人情報の管理はしっかりする。
うっかり投稿はしないように

 

いろいろな事例を書きましたがこの4つを守ればトラブルにはなりませんね。

特に個人情報の管理は気をつけた方がいいですね。

これを意識すればsnsトラブルはだいたい予防できますよ。

ではでは(^○^)ノシ

ブログ検索

ブログ検索

スポンサーリンク

-SNS, トラブル, 日記
-, , , , , , ,