Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

日記 生活

SuicaやICOCA、icカードはどこまで使えるオートチャージは?他にもKitaca、TOICA、SUGOCA、PASMO、manaca、PiTaPa、はやかけん、nimoca,がある

2016/09/15

SuicaやICOCAなど交通系ICカードがありますが

いろいろなカードがあってどれを使っていいか?

どこで使えるのかわからないですよね?

 

なので交通系icカードを調べてみた

 

交通系icカードは10種類ある

交通系ICカードには10種類あってそれぞれ販売されている地域が違っていた。

  • Kitaca
  • Suica
  • PASMO
  • TOICA
  • manaca
  • ICOCA
  • PiTaPa
  • SUGOCA
  • はやかけん
  • nimoca

スポンサーリンク

 

Kitaca (JR北海道)
北海道を中心に出回るicカード

Suica (JR東日本 ほか)
首都圏で出回っているicカード
チャージできるicカードとして1番、有名。

PASMO (関東各社局)
これも首都圏で出回っているicカード、電車というよりはバスのicカードだった

TOICA (JR東海)
東海地方で使われているicカード

manaca (名古屋地区各社局)
名古屋で使われているicカード

ICOCA (JR西日本)
関西で使われているicカード

PiTaPa (関西ほか各社局)
バスを中心に関西で出回っているicカード

SUGOCA (JR九州)
九州で出回っているicカード

はやかけん (福岡市交通局)

nimoca (西日本鉄道)

 

どのエリアでも使える?

どのカードも相互利用ができるのでどのカードを使ってもオッケー

以前はSuicaが関西では使えなかったり、ICOCAが東京で使えなかったりしましたが

 

スポンサーリンク

 

2014年現在、どのカードでも大丈夫です。

 

エリアをまたいで使う事はできない

エリアをまたいで使う事はできないどういう事かと言うと

例えばSuicaエリアからTOICAのエリアにという使い方はできない

熱海(Suicaエリア)から沼津(TOICA)では決済できない

 

そのため窓口で現金精算になる、熱海から切符を買って沼津まで行くのが賢い

函南~熱海までがエリア外、ICカードが使えない区間になる。

 

このようにまだまだICカードが使えない区間もあるので遠出する時は注意が必要。

 

コンビニでの買い物もicカードでオッケー

icカードを使うメリットはかさばる小銭を持たなくて良くなることと

セブンイレブンやローソン、ファミマなどで交通系ICカードが使えます。

ちょっとした買い物やお昼の弁当を買うのに便利、レジだって混まないし

 

釣り銭を気にしたりもしなくていいので便利ですね。

他にもレストランや居酒屋でも使えるお店は増えてきています。

 

エリア外ではオートチャージされない

オートチャージとはICカードにチャージされている金額が設定した金額を下回ったら

自動でチャージしてくれるシステムの事です。

 

ただこの機能はどこでも使えるわけじゃなくてエリア外では使えない

SuicaならSuicaエリアでしかオートチャージされない仕組みになっているので注意が必要ですね。

 

 

交通系ICカードのメリット

電車なら少し運賃が安くなること

パソコンにつなぐicカードリーダーがあればネット通販も簡単

Amazonで買えます

 

使いこなせると、とてつもなく便利です。

またクレジットカード機能がついてる奴もあるので便利ですね

交通系icカードは電車に乗らなくても一枚は作っておくべきですね

ではでは(^○^)ノシ

スポンサーリンク

 
ブログ検索

No tags for this post.

-日記, 生活