面白いトリビア

ストライサンド効果とは?消すと増えますを考察してみた。

ストライサンド効果とは日本語で言うところの消すと増える法則の事です。

今回はストライサンド効果について考察していこうかと思います。

ストライサンド効果はネット社会ではよくある事なので注意が必要だと思う@kesuikemayakuです。

 

 

ストライサンド効果とは?

 

ネット上にある情報を隠蔽したり削除すると不特定多数から情報をアップロードされて余計に情報が拡散されてしまう。

情報を隠したり削除したりすると逆に情報が拡散するという意味不明な現象の事。

 

 

誰も気にしてない情報だったのに隠蔽、削除する事でそこに秘密があると自らバラしてしまう行為になる。

ネット上に残っている情報を探し出して面白おかしく考察する人もいる。

 

 

例えば画像の中に自分の家が写りこんでいて住所がバレてしまうと言った状態になったから画像の削除依頼をしたら

逆に興味をもったネットユーザーに調査されてバレてしまう。

 

 

 

同様のことは、大企業などからユーザなどへの警告状(cease-and-desist letter)の発信、DVDビデオの暗号解除コード(違法素数)の公表差し止め警告、ファイルやWebサイトなどに対する削除要求の際にも起こる。

これらの情報が隠蔽されたり公開差し止めとなったりする代わりに、かえってその情報に対するネット上やメディアの関心が高まり、ミラーサイトやファイル共有ソフトなどで情報が際限なく拡散することになる。

陰謀論とか詮索するのが好きな人にとってはかっこうのおもちゃですね。

危険なものアングラな情報なんかは上手くやらないと簡単に言うと拡散してしまうという事らしい。

 

 

 

 


[SmartAds4]

 

ある一定の人数に見られた情報は保存されてると思った方がいい

ある一定の人数が見た画像、テキスト、動画は誰かが保存していると思った方がいい。

単純に好みだったからとか面白かったからとか
他にもsnsの発言を保存しておいて後で矛盾を指摘するために使う人もいます。

 

 

ある一定の人数というのがあやふやで分かりにくいかもしれませんが簡単に言うとtwitterで1万RT以上されてるようなツイートはネット上のどこかで保存されるし引用される。

百人が見たくらいじゃそういう事は起きないけれど1万人がRTとすると一人あたりのフォロワー数が10人でも10万人に情報が開示される。

簡単に不特定多数に情報が拡散するのがネットの良いところであり悪いところ。

 

 

スマホがあれば簡単にスクリーンショットを撮れるしSNSで情報の共有も簡単にできるので安易な情報開示は止めた方がいい。

コピペや動画撮影も簡単な御時世、情報は広まった時点で誰かが保存しているしネット上のどこかに残ってしまう可能性を常に考えていた方がいい。

 

消せば増える法則を回避するには?

 

うかつに後で消さなきゃいけない情報をネットにアップしない、削除する時はきちんと理由を説明する。

業者に委託して情報を徹底的に削除、見えなくする必要がある。

 

 

アップロードした後は難しいからネットに公開する前にきちんと精査しておくべき。

そうじゃないと情報を消すたびに炎上したりする。

 

 

間違った情報や捏造情報だと判明した場合は情報削除するよりも追加情報を出す追記したりするのがいいと思います。

 

ストライサンド効果の由来

 

「ストライサンド効果」という用語は、アメリカ合衆国の歌手・女優でエンターテイメント界の大物、バーブラ・ストライサンドに由来する。

2003年、彼女は自分の邸宅が写っていたネット上の画像の公開を差し止めようとして裁判を起こしたが、かえって世間の関心を集める結果になってしまった。

 

 

・・・秘密裏に裁判できたらよかったんだろうけど、バーブラ・ストライサンドさんが裁判するという情報が広まってしまったから逆に注目されたというわけです。

 

 

ストライサンド効果が起きるきっかけ

 

ストライドサンド効果が起きる原因は

  • 情報を消そうと裁判をする。
  • SNSでの発言で矛盾がある投稿を削除⇒情報が保存されていてスクリーンショットが共有される。
  • YouTube動画が不当に消される⇒投稿者が動画のアップロードを呼びかける。
  • ネタとしてbotなどに使われる。

などなどいろいろなきっかけで情報が拡散されます。

 

ストライドサンド効果の欠点

データが複写される時点で劣化したり改ざんされるというリスクもあるのだけど。むしろこの現象はその方が問題だったりする。

写真の加工や文章の改ざんは思ったよりもハードルが低いもんです。

なるべくなら1次情報を手に入れた方が確実です。

 

まとめ

ストライドサンド効果とはネット上にある情報を隠蔽、削除する。

もしくは隠蔽・削除しようとする行為が人の好奇心を刺激しネット上で複製されたり

精査の対称になるという事ですね。

 

 

ドラゴンボールで言うと映画に出てきたメタルクウラみたいな感じ。

一体を一生懸命、戦って倒して安心していたら大量のメタルクウラがいたみたいなwww

ネットの情報なんてお手軽にコピーできてしまうので情報発信者としては気をつけたいところ。

 

ではでは(^ω^)ノシ

 


ブログ検索

アーカイブ

-面白いトリビア
-, , , ,