面白いトリビア

円の書き方を解説! コンパスなしで簡単に図形が書ける?

2018/01/19

コンパスなしで円を書く方法があります。

今ネットでコンパスを使わないで円を描く方法が話題になっている。

できたら面白いし、絵を描く人間なら誰もが知りたい技術だ。

動画を見て思ったのは発想の転換が大事だってことだ

手ではなく紙を動かすというのは盲点だった!

 

フリーハンドで円を書くコツ

フリーハンドで円を書くコツは

手を動かすのではなく紙を動かす。

コンパスの針と同じ役目を手でやるのがポイントですね。

 

 

紙の上に手を固定します。

固定する部分は

  • 手の付け根・・・手根部の部分にある出っ張った骨
  • 小指の第二関節・・・軽く指を曲げて第二関節の尖った骨で紙の上に固定
  • 指先・・・・小さい円を書く時は指先で紙を固定する。
  • 左手で紙を回す

自分の手をコンパスの針に見立てて使う。

書きたい円の大きさに合わせてペンと手の距離を変えると好きな大きさに書ける。

小さい円を書く時は中指を使うと綺麗な円が書けます。

 

 

線の引き始めが一番、ブレる。

コンパスのように正確な大きさの円は書けないけど。

 

ノートに円グラフを書くくらいには使える。

 

上手く書くコツ

上手に書くコツは平らな机や壁などを利用する事です。

デコボコしていたりふわふわしている場所では書けない。

 

 

手とペンの位置を動かさない事。

そしてペンを持つ指先にしっかり力を入れる。

ただ、力を入れすぎると紙が破れるので注意!

 

力が入っていないとペン先がズレてしまうのできれいな円が書けない。

 

試しにやってみた

 

ちょっと試してみよう。

思った以上に難しい(ーー;)
手の支点がズレるし、ペンもマジックだと摩擦係数が高くてうまくいかない。

コツは手の支点を動かさないことと力を入れなくても紙が動かせることですね。

下敷きをしいた方がうまくいくかも?
それにして自分の腕って客観的にみるとゴツいな(ーー;)

 

コンパスとの違い

  • コンパスみたいに紙が傷つかない
  • 書き始めは線がブレやすい。
  • 正確な円は書けない。
  • 壁や床などの平面なら簡単に円が書ける
  • 机など、広いスペースがないと書けない。
  • コンパスがあるならコンパスを使った方がいい。

 

まとめ

これを覚えたら簡単なメモとかならコンパスいらずで円が描けますね

コンパスを使うと紙に傷がつくからこの方法は便利です。

 

ノートに円グラフを書く時やちょっとしたスケッチにも使えそう。

壁や床なんかでも書けるのでコンパスはいりませんね。

何時でもコンパスを持ち歩いているわけじゃないのでちょっと便利なテクニックとして重宝しそうです。

 

学生のノートに円を書いたり、絵の下書きなんかでも役に立ちそうです。

簡単なので覚えておいて損はないかもしれません。

ではでは(^○^)ノシ

ブログ検索

[SmartAds4]

アーカイブ

-面白いトリビア
-,